光回線

光回線なのにネットが遅い?アパート・マンションで回線速度が遅い原因を徹底解説!

2021年2月10日

アパートやマンションにお住まいの方で、
「光回線を契約したのに速度が遅い」
「名前に光とついているプランなら速度は速いんじゃないの⁉」

 

と思っている方はいませんか?

この記事ではそんな疑問を解決していきます!

 

こんな方におすすめ

  • 光回線なのになぜ速度が遅いのか原因を知りたい方
  • 自分の家は大丈夫なのかを照らし合わせて確認したい方

 

 

実はこれが原因だった!? 知っておく価値あり!

  1. 時間による混雑してしまう
  2. LANケーブルが古い
  3. ルーターが高速通信に対応していない
  4. アパートやマンションには3つの配線方式がある


このあたりが主な原因で、光回線なのに速度が出ないといったことがおこります

次は上記4点の解説に移りたいと思います。

 

 

 

1.時間による混雑

 

集合住宅では、1本の回線を各部屋で共有して使用することになるので、結果として回線に負担がかかってしまい速度が低下してしまいます。


特にVDSL方式やLAN方式(4番で説明する配線方式)の場合はもともと速度が速くない上に、混雑で速度が低下するとストレスを感じるレベルで遅くなることも頻繁にあります。

 

 

2.LANケーブルが古い

 

意外と見落としがちなのがランケーブルのカテゴリーです。

みなさんは引っ越しなどで新たに回線を契約したあと、前から持っているランケーブルを使っていませんか?


実はランケーブルにも通信規格があり、使用することは出来るのですがカテゴリーの古いものを使ってしまうと、最近の高速通信に追いつけない場合があるのです。


なので皆さん今一度自分が使っているLANケーブルの規格を確認してみましょう。

 

LANケーブルのカテゴリー確認方法は、ケーブル自体に規格が書いてあるのでそこから確認できます。

これはカテゴリー5eになります

 

LANケーブルのカテゴリーごとに通信速度をまとめてみました。

   規格      最大通信速度   
CAT5100Ⅿbps
CAT5e1Gbps
CAT61Gbps
CAT6A10Gbps
CAT710Gbps
CAT7A10Gbps
CAT840Gbps

もしもCAT5のケーブルを使っているのなら買い替えることをお勧めします。

 

 

3.ルーターが高速通信に対応していない

 

光配線方式でLANケーブルもちゃんと規格通りで、混雑していない時間帯なのに回線が遅い場合はルーターの規格が対応していない可能性があります。


昔は最大通信速度2Ⅿbps程度しかなかったものが、今では9.6Gbpsもの速さに対応しています。

これに関しても自分の使っているルーターがどの程度なのかすぐに判断できるように票にまとめてみました。

規格最大通信速度年代
IEEE 802.112Ⅿbps1997
IEEE 802.11b11Ⅿbps1999
IEEE 802.11a54Ⅿbps1999
IEEE 802.11g54Ⅿbps2003
IEEE 802.11n600Ⅿbps2009
IEEE 802.11ac6.9Gbps2013
IEEE 802.11ax9.6Gbps2019

1ギガを超えるものは11ac11axになるので、古いルーターを使っている方はこの2つの規格どちらかに当てはまるものに変えることをおすすめします。

 

4.集合住宅、3つの配線方式

  

アパートやマンションなどの集合住宅では3つの配線方式があるのはご存じですか?


光配線方式」 「VDSL方式」 「LAN方式
の3つになります

出典:NTT西日本

このイラストのように集合住宅では電柱から1本の回線が伸びていて、
その1本の回線がアパートの共有スペースにあるMDF(主配線盤)というところに接続されています。


そのMDFから各部屋までそれぞれ回線が伸びているのですが、その伸びている回線の種類によって配線方式が決まっているのです。

 

イラストの青い線の部分
光ファイバー・・・(光配線方式)
電話回線・・・(VDSL方式)
LANケーブル・・・(LAN方式)

 

となります。(なのでイラストはVDSL方式になりますね)

 

ここで重要になるのが、光契約でもVDSL方式・LAN方式は回線が遅い というところです。
それぞれの回線最大速度を比べると

方式  最大回線速度  
   光配線方式  1Gbps
  VDSL方式 100Ⅿbps
  LAN方式  100Ⅿbps

となります。票を見てわかる通りVDSLは光配線の10分の1程度になっていますね。

 

つまり契約したプランで「回線速度が○○以上出ます!」となっていても、そもそも光配線方式じゃない場合は最大限のパフォーマンスを出すことができません。


なのでまずは自分の住んでいるところがどの配線方式を使っているのか知る必要があります。

 

集合住宅での3つの配線方式についてさらに詳しく掘り下げて書いている記事はこちらになります。

【重要な回線知識】VDSLって何?マンションには3つの配線方式がある

続きを見る

 

 

まとめ

今回は光回線を契約しているのに回線速度が遅くて困っているという方へ参考になりそうな記事を書いてみました。
自分自身も過去にインターネットに関する知識が全くなかったころ、VDSL方式のアパートでストレスを感じていたことがあります。
それ以外にも、だいぶ古いLANケーブルをずっと使い続けていて、カテゴリー4のものを知らずに使っていた時期もありました(汗
票には書いていませんがカテゴリー4となると最大速度が16Ⅿbpsとかだった気がします・・・

そのようなことが無いように、これからも皆さんにとって少しでも有益な情報を発信していきたいと思います!

 

 

 

にほんブログ村 ネットブログへ
にほんブログ村

-光回線
-,